電話応対研修

電話応対力は「フィードバック」スキルが身に付けば、少しも難しいものではありません。
傾聴力、共感力、会話力などの必要性を多くのStory(事例)から学び、ワーク(実践)で対応力をアップします。

【 最近の研修・講演・セミナーテーマ 】
「マナーレベルが勝者と敗者を分ける」
「 新入社員向け 電話応対研修」
「 電話応対スキルアップ基礎研修」
「 電話応対スキルアップ応用編研修」

1.電話応対の心構え

電話の応対の特性、サービスにおける法則、CSとクレームの関係

2.電話応対の基本10項目

復唱確認、体言止めにしない 

クッション言葉の活用など

3.好感度の高い第一声の名乗り

電話応対は最初の15秒が勝負!
素敵な笑声づくり、名乗りのポイントとは?


4.“きく”のスキル強化

あいづち、非言語の活用、

3つのフィードバック

5.話すのスキル強化

滑舌練習、話の組み立て方 

肯定的表現

6.実践ロールプレイング

状況設定、実践、相互フィードバック、

講師からフィードバック


7.質疑応答・実践宣言・まとめ



大手派遣会社のスタッフの皆さん

研修では、ロールプレイングを通して自分を分析することが出来ました。
・特に事実フィードバックや声の表情の大切さ、そしてクッション言葉のバリエーションなどについては、研修を受けるまでは意識すらできておりませんでした。今まで意識さえ出来ていなかったであろうことに意識を向けられたこと、それが今回の研修での大きな収穫です。業務を通して自らの欠点を見つめ、改善し、業務に活かしていきたいと思います。
・伝え方や相手の伝えたいことの汲み取り方など、電話を受ける上で重要な事をスピーチやフラフープなど色々な角度で学び、体感出来た事がとても良かった。ロープレは自分の受け答え方はもちろんだが、同じ題材で多くの人の対応方法を聞けたのは勉強になった。言い回しや声のトーンでも大分印象が違う。お客様役をやった為かよりいっそう、そう感じた。
・研修ではお客様に対してどのように対応すればクレームを防ぐことが出来るか勉強になりました。 接遇用語としてクッション言葉やお詫びの言葉の重要性を学び、電話応対時に意識して使えるよう心がけたいと思います。 また、相槌のやり方ひとつでお客様をご不快にさせてしまう事を学習したので、電話応対時に不快にさせない様に気をつけて対応していきたいと思います。 非言語を上手く取り入れる事の重要性も勉強になりました。
電話応対研修Story


◆企業、官公庁、商工会議所、各種団体の皆様に特化した、あらゆる研修・講演・セミナーに対応。

ビジネスマナー、慶弔マナー、外国人向け 接遇 & ビジネスマナー、ホスピタリティ、接遇力アップ、CS向上、電話応対、コミュニケーション、クレーム対応、コーチング、メンタルヘルス、チームビルディング、コールセンター階層別、アイデア発想法 etc...

◆料 金

【研修・セミナー】10~25万円程度 /2hr~6hr

※内容 実施時間 受講者数により異なります。

【 講 演 】15万円〜 / 1hr 20万円〜 / 1.5hr

※ご予算にあわせて最適なカリキュラムをご提案いたします。

※料金には打ち合わせ費、カリキュラム・テキスト作成費、交通費等が含まれます。(地方の交通費は東京駅から実費、 宿泊費は実費)